自然エネルギー

バイオガス

バイオガス

バイオガス発電とは

バイオガスは、乳牛や豚などの糞尿や、食品廃棄物、下水道・汚水などの有機性廃棄物が増殖に酸素を必要としない生物の働きによってメタン発酵することで発生するガスです。

これらの有機ゴミを「発酵」させて可燃性のバイオガス(メタン、二酸化炭素など)を取り出して「燃焼」し、発生する熱を利用して蒸気でタービンを回し、
「電気」を起こすことを「バイオガス発電」といいます。
ガスを作ったバイオ燃料の残り(消化液)は、雑草の種子や病原菌が含まれない安全な肥料として二次利用にもなります。